21 May 2018

福島潟の鳥

個展の搬入で福島潟を訪れ、少しだけれどもちろん鳥見もした。家の近所には草原環境も葦原環境もないので、見られてうれしい鳥がたくさんいた。
We walked around the Fukushimagata nature reserve in the early morning when we visited there to set up my exhibition. 



Black-faced Bunting. 
さえずるアオジ。



Cuckoo, which must had arrived in the reserve only a few days before, was singing away.
渡ってきたばかりのカッコウ。黒にオレンジ色の毛が生えたように見える大きな毛虫をくわえていた。毛があると上手く呑み込めないのか、大きすぎるのか、食べるのに苦労していて、数分間くわえなおしたり、どうしようとフリーズしていたり。



カッコウは不思議なプロポーションなので描きにくい。頭や嘴が案外小さくて、足がとても前の方についていて、翼が長い。



Oriental Reed Warbler.
メタルリングをつけている個体だったのだけれど、望遠鏡でも番号まではさすがに読めなかった。新潟の方言で、オオヨシキリは「ちょちょず」と呼び、おしゃべりな人のことも差すそうだ。調べていたら津軽弁では「ちょちょじ」のようで、かなり似ている。



Chestnut-eared Bunting.  
ホオアカ。



Osprey. 
 ミサゴ。



Wood Sandpiper. 
タカブシギ。



Chestnut-cheeked Starling. 
コムクドリ。しっかり探せば神奈川でも時期によってはいるはずの鳥なのだけれど、久しぶりによく見た。こんなに可愛い鳥だったっけ。



Meadow Bunting.  
紫雲寺さえずりの里で見たホオジロ。オオヤマザクラと思われる木に止まっていた。

スケッチはし損ねたけれど、コサメビタキもビュー福島潟のカフェでお昼を食べながら、目の前の木を飛び交うのを見た。

14 May 2018

新潟個展

新潟市北区の福島潟での個展『風景の中の鳥たち 東郷なりさの作品展』がはじまった。
水の駅「ビュー福島潟」という、平な農地と湿地にニョキっと立ち、上部が大きく下部が小さい円柱形のユニークな形をした建物の5階にあるにある円形の展示室に、これまで描きためた作品約40点を展示した。
My solo exhibition at Fukushiagata nature reserve in Nigata had just started.  

◆◇◆『風景の中の鳥たち 東郷なりさの作品展』◆◇◆
日時:2018年5月12日(土) - 6月10日(日) 9:00-17:00
※月曜休館 ※入館は16:30まで
場所:水の駅「ビュー福島潟」5F 企画展示室
(新潟市北区前新田乙493)
入館料がかかります(一般400円、小中高生200円、未就学児無料)。



It is a circular gallery space on the fifth floor of a nature centre.
この展示は、わたしのこのブログをたまたま検索で見つけて、2008年頃からずっとフォローしてくださっていたという、ビュー福島潟のスタッフの方が企画してくださり実現した。札幌に続いて、不思議なご縁であちこちを作品とともに回ることができ、幸せ者だと実感する。



The entrance of Veiw Fukushimagata, the nature centre of the reserve.  The place is famous for wintering Bean Geese, hence their foot prints leading to the building.  



建物は全面ガラス張りで、螺旋状のスロープで上部へ登れるようになっている。5階の企画展示室入り口からも、ちょうど福島潟の全貌、かやぶき屋根の潟来亭がのぞめる。



はじめにこの企画のお話をいただいたときは、こんな広いスペースを埋めるだけ作品があるか心配だったけれど、思ったよりぎっしりと見応えある感じになってよかった。



3月に打ち合わせに訪れた際に描いたスケッチ、それを元に作った作品もいくつか展示した。



そして札幌につづいて、またこの展示にも、仕事で新潟に赴任している農工大の同級生が見に来てくれてうれしかった。



ビュー福島潟一階には素敵なショップがあり、展示に合わせてわたしの版画やグッズも置かせていただいている。



福島潟の葦100%で作られた福島潟ヨシあし和紙に、取材時に見た生き物を描いてミニ額に入れてみた。



Above mini paintings and this harrier print are on the paper made of reed from this nature reserve.  

自然保護区の観察センターに、常設の自然や歴史についての展示室、企画展示室、潟が見られるライブカメラ、お土産が買えるショップに軽食が食べられるカフェ、そして円形のホールまでが揃っていて、どれも素敵にできている。イギリスの大きな自然保護区のようなところだ。

建物の耐震構造の問題から廃止になってしまった行徳野鳥観察舎を再建したいという動きが出ていているけれど、このビュー福島潟くらいカッコ良くて充実した施設になったら良いのにと思う。

11 May 2018

地域の自然を守るタオル

太平電機株式会社にご依頼をいただいて、「地域の自然を守るタオル」の刺繍デザインをやらせていただいた。
描いたのはオオトラツグミ、ルリカケス、アカヒゲという奄美の野鳥3種類で、売り上げの一部が奄美大島の自然保護に寄付される。
I made the embroidery designs for small towels.  All three birds, Amami Thrush, Lidth's Jay, Ryukyu Robin, are unique and special in Amamioshima island.  And some part of the sales of the towel will go to nature conservation in Amami.  



このタオルハンカチは今治タオルで、色付きのものは草木染めされている。

大学時代に奄美大島は2度訪れて、知人の親戚のお家に泊めていただいたり、夜探に連れて行ってもらったりと奄美大島の人には本当に歓迎してもらった。だからこんな形で奄美に関わる仕事ができたのはとてもうれしい。



これから奄美大島のお店等にお土産として置かれる予定だが、まずは東京港野鳥公園フェスティバルの奄美猫部のブースで販売される。

第6回 東京港野鳥公園フェスティバル
日時:5月20日(日)10:00-15:00
芝生広場のブースの真ん中、C13の奄美猫部のブース
タオルハンカチは一枚900円。
東京港野鳥公園フェスティバルに行かれる方はぜひのぞいてみてください!

またこのタオルの販売を希望する店舗を募集中とのこと。詳しくは太平電機株式会社のECOひいきプロジェクトのページをご覧ください。



Although the designs are as small as 4×4 cm, we tried to make them perfect, choosing the thread colour carefully and adjusting them to suit what can be done by embroidery.   



うろこ模様のオオトラツグミは、とりわけ刺繍にするのが難しかったようだ。タオルの色、刺繍糸の色の組み合わせで見え方が全く異なるので、ぴったりくる色を選ぶのに、何度もサンプルを作ってもらった。

9 May 2018

I've Got Married!

I've got married. 
That's what seemed to have happened in the last few weeks. 

I'd never been a girl who would dream of a prince charming on a white horse nor would believe that I must get married someday.  And for the past few years, I loved feeling free to plan my life, go and live anywhere and was just very content having lots of works, creating children's books and illustrations.  
So the idea of becoming a wife of someone, tied to a new family and having more responsibilities scared me.   

But now that I took the big step, I am enjoying it.  It really changes the aspect of the life.  



My husband and I started our new life in the apartment room with a view of Mt. Fuji,  surrounded by orchards.  
自然観察を通じて知り合い、数年お付き合いした方と4月に結婚しました。直接ご報告できず、この場でのお知らせになってしまったみなさま、失礼いたしました。

大学生の頃から"顔は知っている人"だったのだけれど、はじめて個人的に喋ったのは、留学から帰国して直後の市ヶ谷の駅だった。彼は会社の昼休みに山𦚰でのワイルドライフアート協会展を見に来てくれていて、展示会場へ向かうわたしとすれ違ったときに、「この展示見ました? ぜったいに行ったほうがいい。好きだと思う」と鞄から、とてつもなく皺くちゃになった大野麥風展のチラシを取り出してくれた。

『きょうは たびびより』を作るきっかけとなった、ヒヨドリの渡りを見に真鶴半島に連れて行ってくれたのも彼だ。



式も披露宴もせずに親族のお食事会だけにしたので、記念にウェディングフォトは撮ってもらった。更衣室で待ち時間があったので、鏡を前にスケッチブックを開いてみた。自画像を描く機会なんて滅多にないに違いない。



写真を撮るにあたって、ブーケ、ブートリアと髪飾りは生花にした。何か青いものは、ブルースターという花らしい。家に帰って、久しぶりに生けられた花を描いた。
花屋さんが特別良い花をくれたのか、何日もきれいな状態で持って、とても楽しんだブーケだった。



Starting a new life, I bought a big new desk!  I had been using my old one from my junior high school days for so long.  This is the first step for my dream studio space in the future. 
新居で暮らすにあたって、机を買った。色々な作業をするのに、大きな物が欲しかったので、ダイニングテーブルにオーダーメイドで棚をつけてもらったもの。九州産の杉でできた足場板を再利用して作られている。どっしりとした木の雰囲気と素朴な色味がとても気に入った。

わたしの場合は、家庭でもあり仕事場でもある"ホーム"が変わる人生の転換点。 新しい世界が広がって、作品作りにも変化があるだろうか。

6 May 2018

第17回フィールドスケッチ会

4月末にフィールドスケッチ会を東京港野鳥公園で行った。暑いくらいの陽気で、太陽の照る外で描き続けるのは大変だったので、センターやハイドが多い環境だったのはありがたかった。
We had a field sketching day on the 30th April at Tokyo Port Wild Bird Park. It was a sunny, hot day. I spent most of the time drawing Whimbrels from a hide.  They are spring migrants here.  



チュウシャクシギ。どんどん歩いてしまうので、望遠鏡を動かして追いながらスケッチすることになり、形をとるのに苦労した。ハイドではスケッチブックを載せられる台があるので、片手に双眼鏡、片手に鉛筆というスタイルでスケッチできて、少し描きやすかった。



鳴いた瞬間やカニを捕まえた瞬間を描きたいのだが、開いた嘴は難しい。





Little Grebe and some winter ducks.  There were still some Pochards, Shovelers, Gadwalls and Tufted ducks staying at the pond.   




お世辞にもきれいとは言えない羽色のスズガモ。でもハイドの窓の前にいたので、のんびり描かせてくれた。風が吹いたときの水面の模様がきれいだった。



東京港野鳥公園といえば、汐入の池の杭にカワウがずらりといるイメージが強いけれど、この時期はカワウの採餌が異なり、野鳥公園内の数はそう多くはないのだという。

公式ブログの報告はこちら。当日の写真や参加者の絵もアップされています。

29 April 2018

Spring birds

Birds sketches from last weekend.  Some summer songbirds were already here and singing out with their full energy.   



さえずるオオルリを何個体も見ることができた。やっぱり夏鳥の歌はきれいだ。



One male perched on a branch at our eye-level and we had several minutes admiring its beautiful blue.  



お食事中のトビ。



ユリカモメはほとんどみんな頭が黒くなっていた。

夏鳥も来ているけれど、家の近くには昨日、まだツグミがいた。

17 April 2018

Spring sketches

This blog post of my spring sketches has been in the draft for so long but I am finally publishing it.   



アブラチャンの花。小さいけれど、個性的でかわいい。



This was the full moon before the Easter.  
ずいぶん時間が立ってしまったが、寒竹孝子氏の文で、箕輪義隆氏の絵による『つばめのハティハティ』の原画展を見に三浦半島の津久井浜にある「うみべのえほんや ツバメ号」を訪ねた。この絵本は、科学的事実に基づいているけれど物語があるという、わたしが目指しているジャンルの本なので、企画・編集をされている川嶋隆義氏のお話をぜひ聞きたかったのだ。絵本は、決して型通りに作れるものではないので、それぞれの本が出来上がるまでの話は、それぞれにおもしろい。編集していく過程でお話や入れるイラストがどう変わっていったかなど、色々な裏エピソードを聞くことができた。
またこの絵本屋さんには「ツバメ号」の名前通りにアーサー・ランサム関係の本もおかれていた!
会期は5月6日まで、今週の日曜日には箕輪さんのツバメのお話もあるので、ご興味のある方はぜひ。



津久井浜まで行ったので、海岸まで散歩。冬にはカモメ類が集まるココス前まで歩いたけれど、カモメ類もミユビシギも見かけなかった。代りに見つけたのが、浜に打ち上がっていた、これ。ドチザメかな?



アカフジツボ。



Meadow Bunting.



一昨日、家の近くの林で、もうキンランが咲いていた。

9 April 2018

いすみ鉄道

タイの友人たちが東京に来ていて、いすみ鉄道に乗りたいというので、みんなで五井から小湊鉄道、いすみ鉄道を乗り継いで、大原まで房総半島を横断した。
あちこち途中下車してのんびり散歩やスケッチをしたい風景だったけれど、通しで乗ろうと思うと電車の本数が数時間に一本なのでなかなか難しい。



I went riding Kominato and Isumi trains with my Thai friends.  Most of the sakura trees were already with green leaves but the double-flowered sakura and the oilseed rape flowers were in full bloom.  We spotted the Japanese pheasants several times and some Dusky Thrushes.  
I was hoping to see the Grey-faced Buzzard, which is a summer visitor and breeds in this kind of paddy field countryside but I did not even hear its characteristic call.  It was maybe a bit too early in the season.     



上総中野のけよけよ市で、タケノコご飯やタケノコの天ぷら、おでんのお昼ご飯。「けよけよ」というのは、「食えよ、食えよ」や「食べていきなよ」という意味の方言だという。
At Kazusa Nakano. Below is my mum sketching us waiting for a train.   



We got off at Kazusanakagawa and walked almost four kilometres among the paddy fields, through the tunnel, to visit Gyoganji temple. 
The temple has stunning carved ranma, panels between the top of the sliding door and the ceiling which brings light and breeze into the room.  Three of ranma in the room were carved by a sculptor called Nami-no-Ihachi and were the design of dynamic waves,  just like Hokusai's Great Waves off Kanagawa.  
As a matter of fact, it is said that Hokusai got the inspiration from this ranma and made that famous Ukiyoe print.  
The interpreter at the temple showed us one of the ranma carving from the back side and there, we could find waves in exactly the same shape as Hokusai's design.  

上総中川で下車して行元寺も訪れた。左右に田んぼしかない道を延々と歩いたところにあるのだが、秘宝の多いお寺だ。
かやぶき屋根の建物に、「波の伊八」の名前で知られる、房州生まれの武志八郎信由が彫った波の欄間彫刻がある。これに北斎が影響を受けて「神奈川沖浪裏」の浮世絵を作ったと言われているものだ。実際に比べてみると北斎の絵と波の形がそっくりな部分がある。

波をあんな風に真横から見た構図を最初に描いたのは、北斎ではなくて「波の伊八」だったということだ。そしてわたしも、北斎の絵に影響を受けて、『きょうは たびびより』のヒヨドリが波間を飛ぶシーンの構図を作ったりしている。
「波の伊八」は行元寺から九十九里の海岸まで馬で出かけて行き、馬に乗ったまま海に入って波を見たと言い伝えられているらしい。「神奈川沖浪裏」の絵を見る度に、東京湾にあんな荒い波が立つことはまずないのにと思っていたのだが、実は九十九里の波だったというわけなのか。

1 April 2018

風景の中の鳥たち 東郷なりさの作品展

今回、新潟に行ってきたのは、「ビュー福島潟」の方からお声がけいただいて、5月に個展をやらせていただくことになったからだ。
I am going to have a solo exhibition at a nature centre, "View Fukushimagata," in Fukushimagata Nature reserve in Niigata.  
The building designed by Jun Aoki, has a cylindrical shape tapering down to the bottom, and inside there is a helical walkway to climb all the way up. The space where I exhibit my works is a circular gallery on the fifth floor. 



『風景の中の鳥たち 東郷なりさの作品展』
日時:2018年5月12日(土) - 6月10日(日) 9:00-17:00
※月曜休館 ※入館は16:30まで
場所:水の駅「ビュー福島潟」5F 企画展示室
(新潟市北区前新田乙493)
入館料がかかります(一般400円、小中高生200円、未就学児無料)。
鳥のいる風景を描いた水彩画、版画の作品や、自然科学絵本の原画など約40点を展示する予定。






福島潟たよりの春号の表紙にも、DM用に作った絵を使っていただいた。
絵はハガキサイズの2倍という大判の消しゴム判子シートを使って、リダクション法の版画で作った。



愛鳥センター紫雲寺さえずりの里などにも、すでにDMなどを置いていただいていた!

30 March 2018

越後姫

We went strawberry picking as well! 
新潟が誇る「越後姫」は今が旬ですよ! という福島潟のスタッフの言葉にそそのかされて、苺狩りに寄り道。



日曜版に連載されていた荻原浩の『ストロベリーライフ』をずっと読んでいたので、その世界を体験するようでおもしろかった。
何と言っても、完全に熟してから摘んで食べる苺がこんなにおいしいとは。小説の中の恵介が言う通りだった。
同じ越後姫でも、道の駅で買ったものはこんなにおいしくなかったので、やっぱり摘むタイミングと食べるタイミングなんだろうな。






夕日が海に沈む。日本海側に来たんだな。
The sun sets over the Japanese Sea.