5 December 2016

東京散歩

Mary-Anne came to Tokyo after her Art Safari trip so we had a day together exploring Tokyo.
一昨年お手伝いをしたArt Safariが日本に来ていたので、ツアー後に東京に延長滞在していたツアーリーダーの友人と東京を散歩してきた。Art Safariは、動物や風景など自然を対象にしたスケッチツアーを出している会社で、日本でも紅葉や地獄谷の猿、富士山などを、描きながら見ていっている。
友人曰く、日本はスケッチツアーがとてもやりにくい国なのだそうだ。というのはお寺や庭園、景勝地などにお店が多く、あれを見てこの説明を聞いて、こっちを見て、これをしてというように、観光客を常に忙しくさせる小細工が多いかららしい。一通り見て風景を吸収し、手持ち無沙汰になりスケッチブックを開ける、とはなかなかならないという。ヨーロッパにスケッチする人が多くて、日本に少ないのは、そんな"忙しさ”も影響しているのだろうか。



谷中の臨江寺。
母が『雨の自然誌』を訳して、ひたすら「雨樋が」と言い続けていたので、この素敵な天水桶を見つけて、つい描いてみた。
I was thinking of going to Nezu shrine, but we stopped at this Rinkoji temple and opened our sketchbook.  The owner of the temple welcomed us drawing there.  Better things happen when we travel spontaneously.



紅葉ライトアップを見に夜の六義園へ。思ったよりしっかり暗くてよかった。
Rikugien Gardens at night. When I have some more time, I would love to make a linocut prints of those maple trees at night. It would make a wonderful reduction linocut prints, we talked.

2 December 2016

Autumn is Orange

家から30分ほど歩かないと、まとまった緑地がないのは寂しい。
住宅地に囲まれた小さな林でも、通る度に気にしていれば発見もあるけれど、
何種類もの鳥が、ひとシーズンそこで暮らすような場所のおもしろさには敵わない。そういうところで、日々の息抜きができたらよいのに!
それでも、外に出れば何かいる。



ジョウビタキ(Durian Redstart)
いつも家の周りに来るのは雌なので、雄をじっくり見られるのはうれしい。



He posed for me for quite a long time!  



Now showing his back.



Varied Tit
真上にいたので、足がどうなっていたのか、よくわからなかった。



収穫、カラスウリ。

24 November 2016

野外鳥類学を楽しむ

昨年の年末年始に大変な思いをして描いた絵が本の表紙になって刷り上がってきた。上田恵介先生の退官を記念して作られた、上田研を出た21人の研究者の研究内容とその裏話をまとめた本だ。

何しろいただいたお題は、上田先生の周りにスズメ、ゴイサギ、メボソムシクイ、オオセッカ、アリスイ、ジュウイチ、ルリビタキ、シジュウカラ、モズ、キビタキ、オガサワラオオコウモリ、オオルリ、ヤブサメ、ツミ、コヨシキリ、ヨコジマテリカッコウ、カワセミ、クサトベラがいる本の表紙画。そして本のタイトルは"野外"なのだ。



『野外鳥類学を楽しむ』
上田恵介 編
2016年11月 海游舎 本体4,200円+税
わたしも実はまだ全部読み切れていないのだが、野鳥の生態とともに、野鳥研究者の生態も分かる本。一人の研究者が一章ずつ書いており、章ごとに雰囲気が違うのを、ふんわりまとめているところがまた、上田先生の「ええんちゃう」なんだなと感じる。

配本先まで把握していないのだが、海游舎に問い合わせるのがよいのだろうか。

I did a book cover illustration for the book to commemorate Prof. Keisuke Ueda's retirement. "Legend of Prof. Ueda, Sermon to the Birds."



背表紙は上田先生の鳥、セッカ。岡久雄二氏のキビタキ研究の章にも巣やキビタキの闘争シーンのイラストを使ってもらっています。

Snow in November

When I woke up this morning, the outside scenery looked white.
It's snowing!



They say that it is the first snow in November in Yokohama in 54 years.
Am I allowed to listen to the Christmas songs now?

15 November 2016

The Night after Super Moon

Finally, we found it!
It's been rainy and cloudy here in Yokohama but there was a one brief moment.

6 November 2016

晴天のJBF

今年のJBFは二日とも晴天にめぐまれて、暑いくらいだった。いつもよりブースが手賀沼湖畔の緑に近い位置だったからか、売り子をしながらずっとモズの高鳴きが聞けた。
Two days at the Japan Bird Festival was really fun, meeting lots of my birder friends and making a lot more new friends.  



一日目は一日一種さんと、二日目は富士鷹なすびさんとの共同ブース、お隣は神戸宇孝さんのステンシルブース。ちょっと"アートな"一角になったかなと思う。
遊びにいらしてくださったみなさま、どうもありがとうございました。



版画作品が大きいのも、小さいのも売れて、うれしかった二日間でした!

28 October 2016

Japan Bird Festival 2016

今年もジャパン・バード・フェスティバルに出店します!
It is the Japan Bird Festival season again. I will be selling some of my products and art works there.



This year, I made two new versions of the book covers, During Redstart and the Red-flanked Bluetail.  




今年は『鳥 Arts & Illustrations』というブース名で、5日は一日一種さんと、6日は富士鷹なすびさんと共同でブースを出します。水の館側の会場のステージの西側、神戸さんのGo!Do!バードステンシルブースの隣です。

◆◇◆ Japan Bird Festival ◆◇◆
日時:2016年11月5日 9:30-16:00、6日 9:30-15:00。
場所:千葉県我孫子市手賀沼湖畔。



またアビスタ2Fの第2学習室前、ギャラリーエトセトラ内のリトルターン・プロジェクトのコーナーでは、多種多用なコアジサシの缶バッチを販売しており、わたしのイラストバージョンも2種類見つかります。(100円以上の寄付で好きな缶バッチがひとつもらえます)。

20 October 2016

開園30周年記念トークショー

アップするのが遅くなってしまったが、この秋の一番大きなイベントが終わってちょっとホッとしている。仕事は山積みだけれど、11月のジャパン・バード・フェスティバルまでは、ひたすら家に籠って制作すればよいわけだ。ちょっとぐらい鼻がぐずぐずでもいいし、何を着ていこうなんて悩む必要もない!



10日に行われた横浜自然観察の森の開園30周年記念トークショーは、ジャックの塔の愛称で親しまれる、レンガ作りの横浜市開港記念館で行われた。こんなところで、まさか自分が舞台に立つことになるとは。
俳優で野鳥の会の会長の柳生博氏、蛇や昆虫などの生き物のはっとする瞬間を捉える写真家の佐藤岳彦氏、年間300日も観察の森に通っているという友の会の大浦晴壽氏というすばらしいメンバーともご一緒できて、自然の見つめ方など学ぶことも多かった。
10th of October was a big day for me. I gave a talk about how I grew up to be a birdwatcher and bird illustrator with the support of Yokohama Nature Sanctuary and the ranger and volunteers there. The venue was at the Yokohama Port Opening Memorial Hall, an old Western building.

  

I became quite nervous looking down more than 300 people from this gorgeous stage!



わたしが鳥の世界に浸り、鳥の絵を描きはじめたのは、毎月1度、観察の森で行われている探鳥会『鳥のくらし発見隊』のおかげ。そんな話を今回させていただいた。



My notebook in 2005, when I was a high school student.  



東京バードフェスティバルで販売したポストカードや缶バッチ。



I exhibited these spreads from my two picture books, too.  

横浜自然観察の森のレンジャーのみなさま、運営おつかれさまでした。良い機会を与えてくださり、ありがとうございました。

16 October 2016

Family Trips

After the job, the company kindly allowed me to extend my stay in Thailand. So I had two short family trips.  



We visited Khao Sam Roi Yot.  My mother, without any knowledge about how to get there, asked if we could go to Phraya Nakhon Cave.  So we took off our shoes, waded in a-feet-high sea to get on a boat to get to a secret beach, from where we started to climb 430 metres.  
After the continuous climb for sometime, the path went down and soon I was facing a huge cliff.  I was in a cave but the sun was shining through the gap above.  It was a beautiful, magical place.

And it started to drizzle.  I could see the rain drops shining against the dark wall of the cave.  There was vegetation growing in the cave only where there was a big gap above, where rain and sunshine came through. 
I wish I could capture the moment somehow in my sketchbook.  But as with any family trips, I was rushed to move on. 
The rain got heavier and we got completely drenched on the way back.  It was nice though that I did not feel cold in wet clothes.



The back of the hotel where we stayed was an open space with shrubs.  Finding a Green Bee-eater perching on a fence in the evening, I decided to get up early next morning.



And this is what I saw, Hoopoes!   In fact, there were four of them.



ホテルの裏の何でもない空き地に生える枯れ木に、一時、ヤツガシラとミドリハチクイとアカモズが一緒に止まった。



コシジロヒヨドリ(Sooty-headed Bulbul)



水上マーケットにも立ち寄った。タイに来たら、一度は飲みたくなる、チャオ・クウェイという黒いゼリー入りの飲み物をゲット。仙草というシソ科の植物の葉や茎を作って作ったものだ。



中学の頃訪れたときの記憶では、もっと小さな水路にもお店があって、船がごった返しているようだったのに、今回行ってみたら、あちこちシャッター街だった。



This is what I made during the high school art class.  Damnoen Saduak in a shoe box. 



高校の授業で作った、靴箱の中のフローティングマーケット。まだ物置の一番上にのっていたので、ついひっぱり出してみた。あれ以来、ついぞ3次元には手を出していない気がする。



オオスズメフクロウ(Asian Barrd Owlet)
I knew it was an owl the minute I saw the perching silhouette during the morning birding at a nature resort.



アオショウビン(White-throated Kingfisher)
I thought we had enough of moving from one place to another, so I suggested we stayed at a resort for whole morning. 
At about 9:00 my mother spotted three hawks in the sky.  They were Oriental Honey-Buzzards.  A few minutes after, there was another hawk and more and more.  We counted 21 before 11:30. The place must have been on a migration route!  

A few days later, I was reading "The Laws Guide to Nature Drawing and Journaling," the book I borrowed from my artist friend and I encountered this quote from Thich Nhat Hanh.
“We will be more successful in all our endeavors if we can let go of the habit of running all the time, and take little pauses to relax and re-center ourselves. And we’ll also have a lot more joy in living.”
The 21 Honey Buzzards were the joy of the day for me.  

13 October 2016

Khao Yai

I still have the small clipping from the Bangkok post 15 years ago, stuck on the third page of my "guide book to the Birds of Thailand."  It is the advertisement of the birding tour by Nature Trails and has an illustration of the Great Hornbill.  "Tours to Khao Yai National Park,  Nakhon Ratchasima, are planned for Dec 22-23."  
My mother spotted the article and the tour became my best ever Christmas present.  It was my first experience of birding with a real expert.  



I was at Khao Yai again as a part of birding tour, and this time I was the tour leader.  And we saw the Asian Fairy Bluebird, the bird I clearly remember watching during my first trip there.  



サメビタキ



クロヒゲゴシキドリ(Moustached Barbet)



アオムネハチクイ(Blue-bearded Bee-eater)



ヒイロサンショウクイ(Scarlet Minivet)



声は聞こえ、時々枝の間から見えるのに、なかなか全身を見せてくれなかったコガネゲラ。姿を追って、林道を行き来していると、バサバサバサという大きな羽音が近づいて来た。サイチョウだ! シワコブサイチョウが上を通過するのが、木々の隙間から見えた。こぶが黄色いのが雄、青いのが雌。



This one seems to be a kind of pit viper but I could not figure out which one.



Murmuration of the Wrinkle-lipped free-tailed bats.  
夕方、コウモリの洞窟がある山を前にしたキャッサバ畑で日暮れを待った。暗くなるにつれて、辺りにコウモリ臭が漂う。洞窟の中で、動き始めたのだろうか。
地元の人は、税を払って洞窟内のコウモリの糞を採取し、畑の肥料にしているという。だから許可なしには、洞窟まで登ることはできないのだそうだ。こんなに離れた畑に立っていてもこの匂い。中に入ったら強烈に違いない。
18時15分ごろ、声がして、小さなコウモリの群れが飛び出して来た。
後から、後から、たなびく煙にように飛び出してくる。山の後ろからも、2本目の煙が上がった。
When watching creatures at night, some people become chattier and speak louder even though it is silent enough to hear any soft little sound you make.  Is that because they are afraid of the darkness or silence and trying to ignore it?