24 August 2016

ワイバード通信2017年冬号

新しいワイバード通信、2017年冬号の印刷があがり、うちにも見本が届いた。表紙は出水平野のナベヅルをイメージして描いた。3色版画でリノリウム1版とモノプリント2版という制約を敢えて作ってデザインしているシリーズ。あまりにカラフルな鳥は作れないかもしれないが、制限の中で作るところに版画のおもしろさはあると思う。



New edition of the YBIRD tour agency's brochure. The cover image is White-naped Cranes at Izumi, Kyusyu.
I have to visit there again someday soon to do some proper sketching. And someday I want to invite British wildlife artists there!

11 August 2016

Doodles from Nagoya Aquarium

名古屋で一日暇な日があると連絡したら、ヤクザル調査隊の仲間が一日観光案内してくださった。お忙しく暑い時期に、本当にありがとうございました。
もう長いこと調査どころか調査隊主催の懇親会にも参加していないけれど、年に数回は調査隊仲間と顔を合わせる機会がある。同じ年に参加していなかった人とも、気付けば親しくなっていたりもする。学生時代にそんな仲間に出会う機会があったのは、本当によかった。



Trying to catch the shape during the dolphin show at Nagoya Aquarium.  It was really a good croquis practice. 



カマイルカ
こういう機会にイルカの形をとる練習しておけば、いつかイルカ船に乗ったときに、さらりと描けるようになるに違いない……。





アデリーペンギン
Even in the aquarium, I was drawn to birds.


ジェンツーペンギン



When standing on land, they are just like toy robots.  When swimming in water, they are really like sea mammals.  Only when they poke their heads above the sea surface, I thought, they might be sea birds.  




くちばしがあって羽がある生物は、少し形が取りやすい気がする。



せっかくの名古屋なので、とりあえず見ておこうとラムサール湿地の藤前干潟も立ち寄った。厳密に「藤前干潟」と呼ばれるのは藤前活動センターがあるところの干潟だとは後から知ったので、訪れたのは稲永公園の側。名古屋市野鳥観察館の望遠鏡で目の前の堤防沿いに出た干潟をのぞいただけで3羽のミサゴを発見。小耳に挟んだ話では、十数羽いることもあるとか。
望遠鏡を持っていないのが悔やまれるほど、遠くの鳥ばかりだったけれど、チュウシャクシギ、ソリハシシギ、オグロシギ、キアシシギ、ササゴイなども確認。
干潟の絵を描くというときのために、東京湾でない干潟のイメージストックがまたひとつできた。

4 August 2016

Vision for Nature

Recently, A Focus on Nature, the UK's youth nature network, launched a report called "Vision for Nature." It gathers views and thoughts from over 200 young people on how they want the natural world to be in 2050 and how we can get there.  It is nicely put together and worth reading.  You can find the whole PDF here.
"It's meant to form the start of the conversation...and we're clear that we'd like to work with Governments, businesses and NGOs to make this vision a reality" wrote the associate director of the network.
 It's really inspiring to know that there are young people thinking and acting on these matters!




2015年11月号のBIRDER誌の「英吉利流バードウォッチング」連載でも紹介したA Focus on Natureという自然保護活動家のネットワーク団体が作成した、若者200人の思いを集めた50ページ以上にもなるレポートが出された。2050年にどんな自然環境を保ちたいか、そのためには何ができるかなどをまとめたもので、これから議員や企業などにも働きかけていくという。
イギリスのヤングたちは、自然についてこんなことを考えている、というのが分かる。そしてこれをまとめられる行動力はさすがだ。

連載記事の取材で際にお世話になった方から誘われ、わたしも下のミツユビカモメの絵を描かせてもらった。



And I contributed this little illustration of Kittiwake colony.

3 August 2016

雑多な夏草

最近のもらいもの。



自分では絶対に見つけられないもの。
We call those fungi that parasitize insects, Touchu kasou, meaning a creature that lives as an insect during winter and as a plant during summer.



ハマゴウ



Monday evening meet up with friends from junior high school started at a curry restaurant and ended at a local playground.  People must have thought that we were playing the Pokémon Go but no! We were trying to catch the real monster!



まわりにたくさんの木が生えているにも関わらず、見つかった3匹のうち2匹が公園の金属製の柵で羽化をしていた。なんでこっちに登ろうと思ったのだろう。



7月末は知人の調査の見学に行って来た。身近な鳥の成鳥と若鳥の違いなどをとても詳しく教えてもらった。



6月末の森歩きから、たぶんハツの仲間。



I was looking for this bamboo fungus in the end of June and walked around the nearby green area. I have to confess that I couldn't find it myself and asked a group of friends to help me.
Very early Saturday morning, when both my mother and I were still asleep, our home phone rang.  It was my friend calling me that he found a bamboo fungus!


I do have really good friends!

29 July 2016

Back to Anchorage and the End of the Trip

Flight from St. Paul island back to Anchorage stopped over at St. George Island.  I had just read the news about the discovery of a new species of whales and that it was the whale washed ashore on this island.   
We could not get out of the plane, of course, but had a glimpse of it!  
アンカレッジへの帰りに飛行機が立ち寄るセント・ジョージ島。ちょうど昨日、ナショジオのニュースでDNA分析から新種のクジラが発見されたと出ていたが、その発見地がなんとセント・ジョージ島だった! 





セント・ポール島は一番高い崖でも100メートル程度だが、セント・ジョージ島は切り立っていて400メートルほどの崖もあり、繁殖している海鳥も多いという。ただしインフラの整備がされていないので、崖までは歩いて行かなければならないとか。



Back on the mainland, still flying...



Most part of the flight, we could only see the sea of clouds.  But some high mountains poked their heads up the cloud. 



ナキイスカ
We went a full day birding in Anchorage, too, and saw a flock of the White-winged Crossbills.



And they were feeding on pinecones.  It looks familiar from the famous book, Weihnachtsspuren im Winterwald! They must have been celebrating very early Christmas!



One of the parents of the nesting Bald Eagle at Potter Marsh.



And this Arctic Tern reminded me of the first time I visited the marsh. It was July, 2010.



とても遠くだったけれど、繁殖羽のアビ。



The last evening in Alaska, after all the birding programs and the dinner finished, I sneaked out to the coast again.  
Everyone was enjoying the long daylight, walking, walking dogs, jogging, cycling, chatting, reading, rollerskating and everyone interacts freely with others.  A skater boy asked me to high touch on passing and I started to chat with a lady from Argentina and we ended up walking around the West Chester Lagoon together.  I was a visitor and a total stranger there but I felt very much at home.  

28 July 2016

お花畑とキタオットセイの島

Watching birds is an excellent way to get close to the natural world and start learning about it.  But if you only watch birds when going to beautiful places, that's very one-sided and sad.  Flowers and mammals of the St. Paul Island were amazing, too!
セントポール島はお花畑でもある。最終氷期にはベーリング地峡として、今のアラスカ、ロシアと地続きだったと考えられており、島ではあるにもかかわらず、植物や虫の種数が多いという。実際、ガイドさんに教えてもらった英名から、学名や和名を調べてみると、ウルップソウ、タカネシオガマ、イワギキョウなど日本の高山や北海道で見られる種も多くあり、その辺り一帯が繋がっていたことが実感できる。



I painted this spending an hour of the long evening.  I call it evening because it was bright, but it was actually around 22 o'clock!  It's amazing to be able to do it.
I can bear less sun in winter to have long daylight in summer.  I can always make stories during the dark months, I suppose!   




Whitish Gentian(トウヤクリンドウ)
We walked a little bit toward the seabird cliff from the South West Point. Form there to the North Point, you can not go by car but on foot. It must be a brilliant experience to walk on the cliff for seven hours, forgetting the scope and big camera for once.  But the guide told us that she never get to do it with any customers.



キタオットセイ(Northern Furseal)
島ではキタオットセイの保護にとても気を使って、近づかない、驚かせないを徹底しているようだった。



キタオットセイのコロニーをハイドから。



They sit in such an attractive posture to draw! 



ゼニガタアザラシ
A Harbor Seal popping up from the sea.  The guide spotted the Steller Sea Lion to us, too.

24 July 2016

島の鳥事情いろいろ

今年は周辺の海水温が高く、餌となる魚が少ないために海鳥の繁殖率がとても低いという。実際、コロニーの活気は去年に比べたら足りない気がした。ウミガラス、オオハシウミガラスは崖にはいるけれど、卵を抱いていずに、ぼうっとしている個体が多かった。



It looked like a bad year for the seabird and there were very few murres incubating its egg.  But when I looked carefully with a scope, I spotted a few with a beautiful blue egg.  
こんなところでどうやって抱卵交代をするのだろう、と数人で長いこと眺めていたのだが、残念ながら決定的瞬間を見られずに移動時間になってしまった。
ガイドさん曰く、交代する個体が近くの岩に飛んでくると、抱卵している個体が別の場所へ移動し、交代となるらしい。少しの間ならば、卵は岩の上で落ちずにとどまっていられるわけだ。



海鳥の中でも、ミツユビカモメ類、その中でもより大きな餌を食べるアカアシミツユビカモメは、餌が取れずに繁殖に参加できない個体が多いという。崖では全然見なかったけれど、湖や塩湖で水浴びをしたり、休息したりするのはよく観察できた。
The two types of kittiwakes look very similar except the colour of the legs but the Red-legged ones are slightly smaller and its back is slightly darker than the Black-legged ones. There were some young birds, too.



フルマカモメ(Fulmar)



ツメナガホオジロ(Lapland Longspur)
留鳥たちは、暖冬の影響で、うまくやっているようだ。ミソサザイの数が去年と比べて目に見えて増えた。春が早かったせいで、繁殖を始めたのも早かったらしく、チシマシギやユキホオジロなどのヒナも、ほとんど巣立って飛び回っていた。



花畑のユキホオジロ(Snow Bunting)



今年は何度も、そしてとてもよく観察できたコオリガモ(Long-tailed Duck)
This male was for some reason sitting at the water's edge.  He was with his mate so I feel rather bad not drawing her.  Maybe when I have time I will add her!  



カナダヅル(Sandhill Crane)
時々、本土から飛んでくるそうだが、飛んでいる姿は見かけても、こうして止まっているのは珍しいという。体がかなりオレンジ色に見えた。図鑑には、ときどきまだらに赤茶色になる個体がいると書いてあるので、それだろうか。
セントポール島は島なので、そう見られる鳥の種数が多いわけではない。だんだんそこで繁殖している鳥に見飽きてくると、何か変わったのはいないかと探しはじめる。そして見つかるのは、豆粒のように遠いトウネン、オグロシギ、ウトウ、タカブシギ。ガイドさんは、いたいた!っとうれしそうに教えてくれるけれど、アメリカの珍鳥は日本の普通種であることが多い。アメリカでビッグイヤーをしようと思ったら、タカブシギを見るのに一番よいポイントはこの島なのだそうだ。




Before I went to bed on our last night, I roamed around the hotel.  The Lapland Longspur sat on a barred wire of the airport.  And I could see its long spurs!  

21 July 2016

Where the Wild Puffins Are

It's always exciting to go to a new place but I love going back to a place for the second time.  Because you can never take in everything in a short stay especially if it is a place like St. Paul island, which is so out of the daily life.  The same things from last year and the different things from last year, they all give me deeper understanding of the place.  
And of course, you can never get bored looking at a sea bird colony!



ツノメドリ(Horned Puffins)
セントポール島はパフィンたちのいるところ。

これだけ多くのウミスズメ類が揃っていて、かつ観光客を受け入れている繁殖地は世界でもまずないという。



エトピリカ(Tufted Puffin)



日本人にはツノメドリが一番人気だけれど、西洋人にはエトピリカが人気らしい。ツノメドリは行く場所に行けばとても観察しやすいニシツノメドリと大して変わらない姿形をしているのに対して、エトピリカのほうが黄色い飾り羽も手伝って、エキゾチックに見えるとか。



It's a quick drawing and the head might be too small but I was happy to capture the shape with few lines.  




イギリスのファーン諸島やメイ島のニシツノメドリは島中に巣穴を掘っているけれど、セントポール島にはホッキョクギツネがいるので、土が多いからといって崖の上部ではツノメドリは繁殖できない。どこに巣を作っているのか聞いてみたら、ガイドさんが早速、観察するのによい個体を見つけてくれた。ウミオウムなどと同じように崖の隙間を利用することが多いという。とくに崖の隙間から植物が生えて来ているようなところが好きらしい。でもこんなに顔が出てしまっているものは珍しい。



ウミオウム(Parakeet Auklets)
海鳥がいる崖は何度も訪れた。セントポール島で見るべきは何と言っても海鳥だから。時間帯が違うと、たくさんいる鳥の種類が違う。



ハシブトウミガラス(Thick-billed Murre)
今回、島から見られたウミスズメ科の鳥は、海に浮いた点にしか見えなかった種も含めれば9種だった。



コウミスズメ(Least Auklets)
When looking at a bird guide book, you'd never imagine that this would become your favorite of the auks.  But when watching the real birds at a colony, you can not help it!