22 July 2017

里山の鳥たち

日本野鳥の会神奈川支部からのお仕事で、神奈川の里山で見られる20種の鳥を入れた絵を描いた。久しぶりのアクリル画だった。
神奈川支部が大口の寄付を受けたことにより立ち上げた記念事業の一環でつくったもので、この絵のポスターは県内の十数カ所の小・中・高等学校に寄贈され、子どもたちに毎日、見てもらえるようになる。



I was commissioned to paint this Satoyama environment with twenty bird species by Kanagawa local group of the Wildlife Bird Society of Japan. The printed posters of this painting will be given to a dozen of schools and displayed at corridors or staircase landings, where children can have a look at it every day.



最初の色校風景。紙によって発色が異なるので、まずは刷る紙を決めた。印刷会社の方とお話できたのは初めてだったので、いろいろ勉強になった。



贈呈式の様子。(写真は神奈川支部提供)



子どもたちは絵を見ながら鳥の種名を言い当てていたそうだ。(写真は神奈川支部提供)



It was printed as postcards, too!

9 July 2017

ワイバード通信の15周年記念号

新しいワイバード通信ができあがった。15周年記念号ということで、表紙の絵はもちろんキクイタダキ!
Latest brochure of YBIRD travel agency came out with my cover illustration of a Goldcrest which is the icon bird of the company.



絵本の締め切り間際で切羽つまっているときにも、定期の仕事は容赦なくやってくる。ただ、プロジェクトがないときもかならずいただけるありがたい仕事でもある。両立はむずかしい。

3 July 2017

春のスケッチ

It took me ages to scan and update my spring sketches but better to be late than never.  



I found that this tree is called Japanese snowbell.  What a beautiful name!
デザインの仕事でエゴノキを描くことになり、ちょうど花の季節でもあったので、探しに行った。実際は実を描いたのだけれど、やっぱり本物を見て、柄や葉のつき方や形が見るて描けるのはいい。



Hardy Kiwi.
エゴノキを探していて、別の白い花を見つけた。サルナシだった。秋のキウイのような実は知っていたけれど、花をよく見たのは初めてかもしれない。高木に絡みついていたので、望遠鏡に入れてスケッチした。



Heronry.  






Distant view of herons and cormorants at a pond. I should have put more effort on this sketch since it was such a nice scenery but these days I seem to have less energy for anything even for sketching...



ひさしぶりに子どもをスケッチ。暇になったら、もうちょっと積極的に子どもを描く練習をしたいのだが! どうも"暇になったらやりたいこと"リストばかりが長くなっていく。

25 June 2017

Midsummer Evening Meal

英語でmidsummerと言うと、日が一番長い夏至の時期。夜になっても明るくて、大学は夏休みで、幼鳥があちこちで生まれていて、本当に夏真っ盛りという気がした。その変わり8月にはもう秋の気配が漂っていた。 midsummerの訳語は「真夏」だとされるけれど、どうも日本で真夏というと、まだまだ先の7月後半から8月のイメージだ。梅雨の存在は大きい。



June is our rainy season.  So even though this is the month of longest daylight, it's often dull and not too hot and we forget about the sun.
But I thought we ought to appreciate the long evening!  We had supper on a sea cliff, which is nicknamed "Scotland Point" by somebody.  



The sunset time was at 19:00 but because of the heavy cloud at the horizon, the sun disappeared much earlier and everything became grey for a while.  
And suddenly around 19:10, just for a few minutes, the sky and the sea became pink!  The cloud caught the sunlight, which was already under the horizon from where we were, and reflected on the sea.   

19 June 2017

Marianne North and Wistaria

2年前の春にキューガーデンズを訪れたとき、「絶対に見ておいたほうがよい」と言われてマリアンヌ・ノース・ギャラリーに入った。実はその人についても、作品についても全く知らなかったのだが、中に入って圧倒された。何しろ四方八方、壁一面にマリアンヌ・ノースというダーウィンより少し後に生まれた女性が、世界各地で描いた植物と風景の油絵が掛けられていたからだ。どれも博物画的な精密さがありながら、風景画的な絵だった。
裕福な家庭に生まれ、大英帝国の人脈を用いたからこその偉業でもあり、そんな人物を生み出せたイギリス、その環境下に生まれた人にこれだけの活動をさせた周囲の環境は、やっぱりすごいと思った。

Marianne North came to Japan during 1875-1876 and visited Yokohama, Kobe and Kyoto and made a dozen of paintings including "Distant View of Mount Fujiyama, Japan, and Wistaria."  
Interested in her trails and what she drew in Japan, I decided to sketch some wistarias this Spring. 




I realised though, she was only in Japan for less than three months, from November to January, which is obviously not the Wistaria season.  In fact the Mt. Fuji in her painting has a lot more snow for Wistaria in early May.  So it seems that she painted it after her trip with some imagination!
The view of Mt. Fuji with the sea in front of it in her painting must had been the scenery she saw upon her arrival to the port of Yokohama.   

"I watched the sun rise out of the sea and redden its top, as I have seen so well represented on so many hand-screens and tea-trays. The mountain is a much steeper cone than Teneriffe or Etna, but has about the same quantity of snow on it. The coast is beautifully varied with ins and outs, islands and rocks, the cliffs everywhere fringed with trees and higher than I expected to see them, the water of the clearest aquamarine." (from "Recollections of a Happy Life" by Marianne North)



マリアンヌ・ノースは明治が始まってまもない1875年〜76年にかけて日本も訪れていて、十数点の絵を残している。いつかそれらの絵が描かれた場所を訪れて絵を描いたらおもしろいのではないかと思い、まずは春のうちにと藤の花をスケッチした。垂れ下がった藤の花の向こうに富士山が見える絵があるからだ。
秋になったら、横浜、「ミシシッピー湾」のマンダリンブラフも描きに行きたい。もう自然の海岸線は全く残っていず、崖(ブラフ)も一部しか残ってはいないけれども。

上の2つのスケッチは、叔母の家の庭の藤。小さい頃、わたしが団地の砂場の上の藤棚から種を採ってきて、こっそりベランダのプランターに植えたら生えてきたものを移植した株だ。



やっぱり野生にこだわりたいので、森の中のノダフジも見てきた。同じ林道を歩いていても、微妙に赤紫っぽい花と白っぽい花があるのが気になった。 遠目に見て気付くほどで、落ちている花を拾っても色の違いが分かった。

シーボルトは『日本の植物』の中で、「フジが四、五月にひとたび花をつけると、世のすべての階層の人々がこの藤棚のもとに集い、米でできた一種のビールである好みの「サケ」を飲み交わし、楽器の調べに合わせて舞いかつ歌って楽しむ。(瀬倉正克訳 八坂書房)」と書いている。昔の花見は、どうやら桜に限った事ではなかったらしい!



Strawberry geranium
マリアンヌ・ノースは関係ないが、これは母が調べていたロバート・フォーチュンが日本の植物の中でも特別に好きだったというユキノシタ。うちの庭のものが今年はじめて花を咲かせたので、記念にスケッチした。

3 June 2017

Little Tern Art Project

I visited Morigasaki, the rooftop Little Tern colony in Tokyo, to join an art project, which is a collaboration between the Little Tern Project and the Japan Wildlife Art Society. 
Around twenty artists participated in the project and today, we sketched and memorised the impression of the Little Terns at this incredible man-made colony ground on a sewage factory building in the hurt of urban Tokyo.  We will create some artworks based on today's experience and plan to exhibit the artworks in the autumn.  I was very happy to join this precious occasion in Japan!



リトルターン・プロジェクトと日本ワイルドライフアート協会有志によって、リトルターン・アート・プロジェクト(LTAP)というのが始まっている。森ヶ崎水再生センターの屋上で繁殖するコアジサシのコロニーを取材し、それをベースに作品を作り展示をしようという企画だ。同じテーマで、他のアーティストがどんな作品を作るのか、秋が楽しみだ。



Shadow of the bill cast on its breast.



スケッチでもしない限りあまりよく観察しないであろう、抱卵中の後ろ姿。コアジサシの短いオレンジ色の足が、かなり左右に開いて見えていた。間に卵があるんだなあ。



今日、なんとなく気に入って、長い間観察していた2巣。手前の巣の片親にフラッグが付けられていることに気がついた。スタッフにお聞きすると去年付けられたものだというので、今年も同じ営巣地に戻って来てくれた個体というわけだ。
興味深かったのは、カラスなどの侵入者が入って来た瞬間。奥の巣の親は、必ず毎回飛び立ち、集団防衛に加わるのに、手前の親は面倒くさいのか、しばらくの間、上空を気にして姿勢を低くするだけだった。
コロニー全体にとっては、集団防衛に加わる個体がいるほうが利益が大きいと思うが、個体にとってはサボったほうが得に違いない。



Chicks were already born and running about in the colony.  It was hard to capture them as they tended to hind in shelters to avoid attacks by crows and peregrines and other mummies and daddies.  Some adults sometimes poke other tern's chicks quite aggressively!    





Thinking about the Little Tern being a white bird, I brought coloured paper this time.  I wanted to try drawing with white, thinking about the light and the shadow.  Field is the best place for observation & experiment. (and how long it seems since the day I did that module on my MA course!)   



Well, I obviously needed more practice on this subject and how to use pastel.  But it was a good way of looking at this rather a monotone bird.  



企画してくださった大田黒さん、全面的に取材をサポートしてくださったリトルターン・プロジェクトのスタッフのみなさま、本日はどうもありがとうございました。

25 May 2017

実物大のイヌワシ

ずいぶん長いことブログでは紹介し損ねていたのだが、去年の秋にこれまでで一番大きな版画を摺った。それもイヌワシ!
自然保護協会からのお仕事で、赤谷の森でイヌワシが7年ぶりに誕生したことを記念した、イヌワシの実物大ポップの原画を作らせていただいた。
昨年秋に『ダーウィンが来た! ~イヌワシを守れ!子育て支援大作戦!~』でも紹介された赤谷プロジェクトだ。また赤谷のイヌワシについては、イヌワシタイムズという素敵なホームページがあるので、ぜひ見てみてください。
I made the original artwork for the life-sized Golden Eagle panel for The Nature Conservation Society of Japan.  This panel was made to celebrate the eagle's successful nesting at Akaya forest for the first time in seven years.  
The Golden Eagle is very rare in Japan because most of the wild places here are forests and there are few open grassland for the large eagle to hunt.  So the society has been cutting the planted conifer trees to make a clear land in the Akaya forest. I hope this panel attracts people's attention to the eagle and this Akaya project to protect them!  


(写真はNACS-J提供)

原画はリノリウム版画のリダクション法で作成した。イヌワシの翼開張は約2メートル。さすがに実物大にはせず、約2分の1サイズで作ったのだが、それでも狭いうちの中では大変だった。失敗も考慮して摺った5枚分を乾かす為には、昼間は床の上、夜は机やテーブルの上へとつねに移動させる羽目に。



I made it mostly by three-layer reduction linocut and added the yellow for the eyes and foots with stencil.  (The reason why the colour of the paper is so different is that I had to work long hours and only managed to take some photos at night under artificial light.)
これだけ大きな版を扱うのも、わたしの狭い机の上では難しかったので、実は版は左右の翼と胴体と3分割にしている。まず最初の版では、クリーム色でイヌワシの翼と尾羽を、オレンジで胴体を摺り、次に同じ版をクリームのまま残したいところのみを彫ってしまってグレー版を作り、最後にグレーを残したい所を彫ってしまい焦げ茶版を作った。足と目の黄色はステンシルによる差し色だ。


(写真はNACS-J提供)
この写真は、実物大ポップが初めてお披露目された11月末のイヌワシパーティーでのもの。わたしもこのとき初めて出来上がりを見たのだが、やはり翼を広げて2メートルという大きさは、たくさんの人々の中にあっても存在感がある。そして広げた広さの割に、身体は小さく、だから飛べるんだなぁと改めて思った。

原画作成にあたり、先崎啓究氏、小田谷嘉弥氏には、資料をいただいたり、ラフへのご指摘をいただいたり、大変お世話になりました。困った時に聞ける専門家の友人がいるのは、本当にありがたい。どうもありがとうございました。

いつか国内でもイヌワシ見てみたいなあ!

22 May 2017

Alps on the Island

Kozushima island has a 571-metre lava dome called Tenjyo-san mountain. Some area of it is very steep and rocky without any vegetation. On the top, there are two flat bare area, which are called "desert." So when I looked up the mountain surrounded by fog, I almost forgot that I was in an island but felt as if I climbed the Japanese Alps.



アシタバ畑から見上げる南アルプス、ではなくて天上山。
こんな所に野外劇場を作って、天上山を背景にして伊豆諸島の「水配り伝説」の劇を上演したら素敵かもしれない、という話を振られて、つい思い出したのは、昔住んでいた団地の公園にあった石でできた舞台のようなもの。子ども向けの遊具ではない本物らしい佇まいがとても好きだったのだが、あそこで何かが演じられたことはあったのだろうか。
ケンブリッジでは、シェイクスピア祭の野外劇を何度か見に行った。7月の3週間ほどケンブリッジ大のキャンパスの芝生に作られた即席の舞台で、ほぼ毎晩のように劇が上演される。もちろん天気には左右されるのだが、雨の中、雷を聞きながら見たジュリアス・シーザーは印象的だったのを思い出す。
日本だと野外観劇は寒すぎず、なおかつ蚊のいない時期に限られるので、できるとしたら春と秋だろうか。



This is the scenery at the "desert" on the mountain.  It was a little too early for Azalea's full bloom.
裏砂漠とオオシマツヅジ。今年は全体的に春が遅かったらしく、まだ蕾のツツジが多かった。



それでも日の当たる斜面では咲き乱れている株もあった。スミレも咲いている。



Trochodendron aralioides.
ヤマグルマの花。



From the top of the mountain, we could see most of the Izu islands. Fork-tailed Swifts were flying above our head. 

18 May 2017

頭で楽しむ島

下田から神津島へ。
船体が低いからか、凪だったからか、カンムリウミスズメ、ウミスズメがしっかり見られた。オオミズナギドリの群れにときおりハシボソミズナギドリが交ざる。



We took a ferry from Shimoda to Kouzushima, one of the islands of Izu archipelago, located about 180 km south of Tokyo. This island is famous for producing some obsidian and there are records of people as early as 30,000 years ago to get there across the sea to mine the stone. They used it for tools and weapons like arrow-heads. The obsidian pieces from this island were found in many places on the mainland including remote places like Noto peninsula on the Japanese sea side during Jomon prehistoric period.
多幸湾にて砂糠崎の黒曜石の露頭を眺める。この岬ですら、人を寄せ付けないザレた崖を越えなければならないのに、本当の良質な黒曜石の産地は、切り立った岩としか言いようがない恩馳島だという。縄文人はいったいどうやって黒曜石を採掘し、どんな船に乗せて運んだのだろうか。
そんな歴史の不思議に満ちた場所だというのに、多幸湾から出港した帰りの船の甲板で家族連れのお父さんが、「多幸湾側は、何にもないんだな」と、さも"見るものなし"というようにつぶやいているのを聞いてしまった。
ここには、東京の名湧水57選にも選ばれている多幸湧水が出ていて、それが海へと注ぐ砂浜で、数羽のウミネコが水を飲んだり、水浴びしたりしていた。彼らはちゃんと真水の場所を知っている。



とくに気合いを入れて鳥を探したわけではなかったけれど、島らしい鳥としてカラスバトが見聞きできた。でも三宅島のようにアカコッコやイイジマムシクイやタネコマドリがそこらにいるわけではなく、全く声すら聞かなかった。



Meadow Bunting couples were everywhere on the island.  
島はホオジロだらけだった。さえずっていたり、つがいで行動したり、繁殖しているようだ。
ヤマガラも普通種だった。神津島のヤマガラは利島から神津島にかけてのみ分布する亜種ナミエヤマガラで、顔が本土のヤマガラよりオレンジ色をしているが、三宅島などにいるオーストンヤマガラよりは色が薄い。
本土のヤマガラとオーストンヤマガラが交雑して中間的な形質になったのかと思いきや、藤田薫氏のDNAによる研究によれば、神津島のナミエヤマガラが一番、遺伝的にかけ離れているのだという。伊豆諸島に一番初めに渡り、神津島などに定着して独自に進化を遂げたのがナミエヤマガラで、その後、オーストンヤマガラの祖先がさらに南の島々に定着して独自に進化したことになる。



Cattle Egret just woke up on a tree in the early morning.  When we saw this egret in the previous evening, it was walking on a school playing ground. It must have thought that the ground is the closest place to the paddy field on the island! 
郷土資料館の資料によれば、アマサギは繁殖することもあるらしい。
とてもおもしろいと思ったのは、神津島にはシジュウカラがいないこと。論文を読むと、大島・利島・式根島・神津島・三宅島・八丈島には普通にいるらしい。何がその違いを生んでいるのだろう。
またウグイスが電線にとまって盛んにさえずっているのにも驚いた。そんなことをするウグイスは、他ではあまりみないような気がする。

写真や絵など、画像によってのみ旅を記録していると、見たもの、それも写せたものや描けたものしか成果にならないし、ひいては楽しめなくなる。でも本土では普通種のシジュウカラもムクドリもハシボソガラスもいないんだ、なんでだろう、と考えるのも島の鳥見の楽しさだ。



天草干し。天上山からの白い砂のおかげで、海が水色になる。
Gelidiaceae, a type of red algae, which is used for Agar-agar, was spread to be dried here and there on the island. When freshly picked, it has beautiful red colour. But the colour fades and becomes white as it is sun dried, and the fishy smell disappears as well.  People seem to arrange and perhaps rearrange the algae according to its drying condition, and as a result, there appear these Mondriaan's paintings on the beaches.

10 May 2017

燕島

The first week of May is called Golden Week in Japan since we have some consecutive holidays. This year, it was indeed a golden week for me. I went on a trip and watched birds and painted in the field! 



Fork-tailed Swifts are nesting in the cracks on this sea stuck.  I could not see the inside of the cracks very well, but birds flying about with what looked like nesting materials on their bill.  
Painting this, I was thinking of St. Abbs head and the Seabird Drawing Course.  Just as I could hear the Kittiwakes' calls only when I got closer to the cliff at St. Abbs, I heard the screech of swifts when I came to the edge of the cliff. It echoed in between the cliffs.  
I so loved to spend a long time observing and absorbing the beautiful scenery and paint it.  
アマツバメは夏の高山と渡りのイメージしかなかったので、海岸の崖で繁殖する姿は新鮮だった。飛び交う鳥のほとんどが巣材の草をくわえているように見えた。でも決してせっせと巣に運び入れている風ではなく、不思議だった。



一日見ていても、きっと飽きない。三角の利島がよく見えた。



イワタイゲキ。
とても素敵な花なのに、上手く描けなかった。いつかまた腰を据えて挑戦したい。
リノリウム版画のリダクション法で作ってみたい花でもある。



ずいぶん探しまわって、諦めかけたころに、見つけた! 中のボールがしっかり残っている、かんのん浜のポットホール。
岩盤の亀裂部分にあった岩石が波により動かされて、周りと自身を削って沈み込み、穴に入ったボール状になったものだ。工業製品のような丸さだった。
A pothole or a giant's kettle with a perfect round ball, which is about 70 cm in diameter.




下田の古民家カフェ。コーヒーを飲みながら川沿いに植えるしだれ柳の起源について話していたので、ちょっと調べてみたら、奈良時代に中国から渡来したという。

8 May 2017

春の海上

I joined the seabird research at Sagami Bay. We spotted some spring migrants and seabirds in beautiful summer plumage. Spring is there at sea, too.



こんなにきれいな夏羽のハイイロヒレアシシギを見たのは初めてだった。



Female Grey Phalaropes in stunning summer plumage! 
3羽とも雌だった。



On almost every floating object at a current rip, there were common terns resting.



アジサシ数羽が素敵な形の流木に止まっていた。そのうちしっかり絵にしたい風景。
 


Japanese Murrelets and the Mt.Fuji.
数カ所で数羽ずつカンムリウミスズメを見た。
ウミスズメは大きな群れがいた。最終的な集計では84羽を数えたという。いつもの生活圏からの単純な距離で言えば、"身近な鳥"なはずなのに、海にいるというだけで全く見えていないのが海鳥の世界。



帰りに寄った天神島で、キアシシギ、キョウジョシギ、チュウシャクシギが見られた。